PTAの活動内容

松沢小学校PTAの組織

総会

全会員の直接参加によるPTAの最高議決機関で、ここで全会員の意志決定がなされます。定期総会は毎年年度初め(6月中旬頃)に開催されます。

執行部会(役員会)

執行部(後述)と校長先生(名誉会長)・副校長先生(T会員副会長)も交えた会合であり、実行委員会の議題等について検討します。

実行委員会

総会に次ぐ議決機関であり、運営上の諸問題について議論する場でもあります。校長先生(名誉会長)、副校長先生(T会員副会長)、役員、委員などが出席します。

委員会

委員会には、学級委員・校外委員・役職選考委員・家庭研修委員・子どもまつり運営委員・地区委員が委員会を運営して活動しています。

係・当番

各学級では、役員・委員に就かなかったP会員の方々に、必要な係と当番をお願いしています。係・当番活動は学校や委員の活動の見直しにより、必要に応じた人数を募集しています。

ボランティア

自主的に活動していただくボランティア活動を、執行部や委員が必要に応じて随時募集します。お手伝いが可能な方々にご協力をお願いしています。

※画像をクリックすると、別タブ(PDF)で表示することができます

執行部(役員)

P会員から選出されたPTA活動の推進役です。
(役員の人数は、必要な場合は実行委員会の承認を得て増員することができます)

・会 長(1名)

松沢小学校PTAの代表者として、PTA活動が円滑に運営できるように配慮すると共に、総会・執行部会・ 実行委員会を開催し取りまとめます。また、近隣PTAや世小P等の外部団体とのパイプ役もします。

・副会長(4名)

会長の仕事を補佐し、他の役員と連携しながら各委員会を担当してまとめ、PTA活動が円滑にできるようにします。また、学校とも連携をとりながら係・当番決め、ボランティア募集活動の取りまとめをします。

・会 計(2名)

PTA会費の管理・出納、備品の購入を担当します。

・総 務(4名)

PTAだよりなどの印刷物や執行部会の議事録作成、
当番への連絡、入退会の管理などを担当します。

会計監査

前年度会計役員が就任します。

学級委員会

学級委員のもと、各学級の学級係により組織されています。学校やPTA執行部と保護者をつなぐパイプ役を担っています。
また、ベルマークボランティアを取りまとめ、学校やPTAの備品を整えるために、ベルマーク・テトラマーク付きパック・純正インクカートリッジなどを収集・集計し、学校と相談して子どもたちのために必要なものを購入します。

役職選考委員会

対象者となる会員から、次年度の役員・委員・地区委員の候補者を選出します。役員・委員・地区委員の活動内容を会員に情報提供すると共に、現状にあったよりよい選出方法を目指して検討し、提案・実施します。

家庭研修委員会

教育委員会が設定した家庭教育の課題に関する共通テーマを選び、保護者向けに講演会・勉強会を実施しています。また、給食試食会などを企画・開催します。

子どもまつり運営委員会

毎年1回(7月第1土曜日)、学校と共催で地域団体や遊び場開放運営委員会などと協力して子どもまつりを開催しますが、この企画・準備・当日の運営を取りまとめます。子どもまつりは毎年多くの児童が参加する人気行事です。

校外委員会

学校・北沢警察署・世小P地域環境部と連携して、子どもたちの校外生活の安全を目指した活動をします。保護者が防犯カードを身につける活動の推進や、その報告の取りまとめを行い保護者へ報告します。朝の登校見守りは、学校が行う「朝のあいさつ活動」と連携して、ボランティアの募集などを行いながら活動を推進します。

地区委員会

松原地区及び松沢地区(各2名)の各青少年地区委員会への窓口として、地域行事に参加・協力をしながら活動します。

特別委員会

執行部会から提案され、実行委員会での承認を経て設立される、単年度若しくは複数年度の臨時委員会で、周年行事・世小P担当校などの際に設置されます。

サポートボランティアが集まり、既存の委員会活動の範囲外での活動を行いたいときには、役員会へ提案します。執行部会が審議し実行委員会に提案し承認されれば、設置できます。