カテゴリー
深掘りPTA

単P研修会を開催しました

2021年度単P研修会のテーマは?

2021年12月11日(土)単P研修会を開催しました。単P研修会は、毎年1回開催しており、担当は執行部です。研修会のテーマは、PTA会員である先生と保護者が課題や問題を解決するために、お互いを知るきっかけづくりの場となるように選定しています。

2021年度はコロナ禍で学校へ行く機会も減り、学校環境がどうなっているのか、とにかく校長先生に何でも聞いてみようということで、題して「松沢小のココが見たい、知りたい、聞いてみたい 教えて!校長先生」にしました。遅くなりましたが、研修会の様子とアンケート結果についてご報告します。

土曜授業の日にハイブリッド開催

研修会参加者は合計80名でした。開催日時は、保護者の方々のライフスタイルや感染症予防を考慮し、土曜授業の午前に来場聴講とオンライン聴講を選択できるようにしました。ハイブリッド開催に対して好意的なご意見が多数寄せられました。

事前アンケートでは、松沢小の「いいな」と思うところと、校長先生への質問を募集しました。研修会で活用させていただき、ご協力ありがとうございました。

クリックするとPDFファイルが開きます

校長先生の自己紹介

自転車通勤の宇都宮校長先生

まずは校長先生のモットーを紹介します。

楽しくなければ学校ではない!
誰が?子どもが!先生も!
みんな違って、みんないい。

特技は「おやじギャグ」とのことで、お題を出したら即座にギャグで返す能力をお持ちです。校長先生に学校で会うのが楽しみになりますね。そして、日々の癒しは「子どもたちと遊ぶこと」だそうで、学校で子どもたちと戯れている姿をよくお見かけします。私たち保護者にも気軽に声をかけて下さり、その場が笑いに包まれます。

そんな気さくな校長先生が、質問にわかりやすく答えて下さいました。その中から、反響が大きかったものをひとつ紹介します。

大きな反響があった「黙食」

事前アンケートでは、「黙食」について解除があるのかどうか、徹底され過ぎではないかなど、質問がありました。2021年の流行語トップ10にも選ばれた「黙食」とは、「黙々と食べる」から来ています。小学校の給食でも導入され、松沢小でも机の向きを変えず、会話はせずに食べます。

その通り。松沢小でも「黙食」です。子どもたちはきちんと約束を守って食べているよ。そして「黙食」は続けます。学校内の感染対策はまん防が解除されても緊急事態宣言が出ても変えないことにしているんだ。子どもたちが混乱してしまうからね。子どもたちがワクチン接種をしていないのもあるよ。

はたから見ると、給食の時間としては寂しいように見えるけれど、食べ残しが減ったんだ。会話しながら食べると、どうしても集中できないから食べ終わるのも遅くなるし、食べ残しも増えてしまう。やってみないとわからなかったことだけど、黙食には「食品ロスを減らす」といういい面もあるんです。

松沢小の良いところたくさん!

事前アンケートで集まった松沢小の良いところは、70項目もありました。多かった項目は、「校舎がきれい」「交番が近い」「商店街の中にある」など環境の良さです。校長先生は松沢小の良さについてひとつひとつ共感され、思わずクスっと笑ってしまうお話をいろいろ話してくださいました。

そんなお話の中から、ビオトープで飼われているウサギをみなさんにも紹介します。見ているだけで癒されますね。

休憩中のマロン
お食事中のだいふく
日向ぼっこ中のショコラ

そしてもうひとつ紹介します。こちらは大正2年に植樹された松沢小のシンボルツリーであるクスノキです。3年に一度、剪定されています。剪定はカラスの巣が出来ないようにする意味もあるそうです。

ビフォー
アフター

インクルーシブ教育への理解を深めるために

くすのき学級の先生
きはだ学級の先生
すまいるルームの先生

松沢小の良いところとして「特別支援学級があるところ」という答えも多数ありました。実は2021年度からすまいるルームの拠点校となり「特別支援教室」が加わりました。これだけ特別支援教育が揃い、インクルーシブ教育に最適な環境は世田谷区では松沢小だけです。

今回は、インクルーシブ教育への理解を深める機会となるように、くすのき学級の先生、きはだ学級の先生、すまいるルームの先生から学級の特色や取り組みを紹介していただきました。

すまいるルームの先生からは、ゲーム感覚でコミュニケーションスキルを学ぶ取り組み「ぴったんこかんかん」が紹介されました。実際に会場でやってみると、そこから会話が広がり盛り上がりました。

インクルーシブ教育について詳しくお知りになりたい方は、文部科学省「共生社会の形成に向けたインクルーシブ教育システム構築のための特別支援教育の推進」の資料をご覧ください。日本では2012年頃から提唱されるようになりましたが、松沢小ではそれ以前から特別支援学級があり、共に教育を受けて、巣立っていった子どもたちがたくさんいます。令和3年度学校要覧には現在の松沢小でのインクルーシブ教育システムについて詳しく掲載されています。

クリックするとPDFファイルが開きます

高評価のアンケート結果になりました

アンケート結果の回答数は、合計84件でした。全ての回答者が学校への理解度が深まったと回答しました。また、インクルーシブ教育についてもっと知りたいという声も多数いただきました。

さらに、全ての参加者から今回の研修会に満足したという回答を得ることが出来ました。開催者である私たちにとっても有意義な時間となりました。

同様のテーマや今回のシリーズ化を望む声も寄せられています。皆さまからいただいた貴重なご意見は、2022年度の執行部へと引き継ぎます。このような研修会の内容を聞きたい方は、是非次回、ご参加下さい。来年度の開催もお楽しみに!

合言葉は・・・

では最後は、いつもの合言葉で終わりたいと思います。校長先生お願いします。

すべては松沢小学校の子どもたちのために
楽校戦隊松レンジャーもよろしく!(笑)

カテゴリー
深掘りPTA

家庭教育学級が開催されました

11月6日(土)に、松沢小PTA家庭研修委員による家庭教育学級が開催されました。開催報告とアンケート結果をお知らせします。

家庭教育学級とは?

世田谷区ではPTAに委託する形で、家庭教育学級を開催しています。保護者、地域、学校の協力のもと、家庭の教育力の向上を目指すことが目的です。松沢小PTAでは家庭研修委員が担当しています。

今年度の共通テーマ

教育委員会と学校と家庭が課題を共有、連携して取り組めるように、毎年、共通のテーマが設定されています。2021年度共通テーマは、前年度に引き続き「子どもの心とからだの健康」と「子どもたちの今を知る」です。

過去の取り組み実績

二度目の講演、親野先生

お出迎えの準備万全です

松沢小PTAでは、教育評論家の親野智可等先生を講師にお招きしました。親野先生には、2017年の家庭教育学級で「叱らなくても子どもは伸びる~目からうろこの子育てと家庭教育~」というテーマでご講演していただいています。

親野先生まもなく登場です

前回が大変好評でしたので、今回も楽しみにしていらした保護者の方も多かったのではないでしょうか。テーマは「子どもを伸ばしたい!その時に親ができること」です。

クリックするとPDFファイルが開きます

初のZoom開催

新型コロナウイルスの感染状況を考慮し、本校の放送室からZoomで配信しました。親野先生の穏やかで明るい語り口に引きまれ、1時間半があっという間に過ぎていきました。

講演中の親野先生

55名の保護者の方々がご参加くださり、アンケート回答数も25件と、たくさんの声が寄せられました。

講演会のアンケート結果

親野先生のお話には、「しからなくてすむ工夫」や「あきらめる」という黄金の言葉、「やる気スイッチは人それぞれ」といった心に残るキーワードがたくさんあり、アンケート回答者が「救われた」「前向きになれた」と満足していました。

また先生は、データや裏付けに基づいて、子どもの存在そのものを肯定したり、子どもに共感したりすることの大切さをアドバイスされていました。その結果、すべてのアンケート回答者が、この家庭教育学級が今後の子育てや親子関係に役立ったと答えていました。

まだまだ知りたいことたくさん!

ご意見・ご要望には、親野先生の続編やコロナ禍での子育て、SNSとの付き合い方などが寄せられました。次の講演会の参考にさせていただきます。

家庭研修委員では、家庭での子育てのヒントとなるような講演を毎年企画しています。来年度も開催予定ですので、どうぞお楽しみになさっていてください。

カテゴリー
学校探訪 深掘りPTA

「教育条件整備要望書」提出

世田谷区立小学校全61校から提出された「令和4年度 教育条件整備に関する要望書」が、世田谷区立小学校PTA連合協議会(以下、世小P)にてまとめられ、9月7日(火)、世田谷区教育委員会へ提出されました。

教育条件整備要望書は、PTAからの要望を教育行政に反映させ、次年度の教育予算に計上されるよう働きかけるためのものです。世小Pでは、1 校で要望しても届かない声を大きくし、 教育行政に反映させるための活動を行っています。

松沢小PTAでは、2021年7月1日(木)~8日(木)に保護者の方にアンケートを実施しました。185件のご回答をいただき、ご協力ありがとうございました。

宇都宮校長・山田副校長・松本副校長、PTA会長・副会長がPTA室にて協議中

回答はPTA執行部でとりまとめ、7月13日(火)、学校側と協議しました。以下の3項目を最優先要望事項として要望書を作成し、7月16日(金)に世小Pに提出しました。

松沢小PTA最優先要望事項

1.インクルーシブ教育の意味や目的について、保護者や地域の理解度を高める取り組みを促進すること。

2.せたがや11+について、内容を周知させること。

3.職員室や保健室、守衛室などを含む各教室間の内線電話設置。

その他の要望は以下のリンクをご覧ください。

R4教育条件整備要望書(松沢小提出用)

世小Pでは各小学校の要望に対して、早急な改善を求めつつ、数年に渡る継続事項に関しては進行状況も把握出来るように、区教育委員会へ回答をお願いしているとのことです。提出された要望への回答書は、例年年度末に送られてきますので、追って松ピタHPでお知らせします。

毎年、アンケートでは何を要望すれば良いのかわからないという声があります。今年度、世小Pが提出した要望項目を列記しますので、参考にしてください。

世小Pが提出した新しい要望
  • ICT環境の導入後の整備・オンライン授業の推進
  • みんなで使えるだれでもトイレ ジェンダーレストイレの設置
  • 学校図書室の充実
世小Pが昨年度から続けている要望
  • 校内での感染症対策
  • 校舎・体育館・トイレの改築・修繕
  • 熱中症対策(プールの日よけ)、低体温対策
  • 警備員の児童在校時全時間帯配置
  • 指導体制、教科指導の充実
  • 英語教育強化
  • スクールカウンセラーの勤務日の増加
  • 特別支援学級の設置校の増設
  • 通常学級での学校支援員の増員など、人的支援の充実
  • 「共に学び合う」環境づくりへ
その他
  • 新BOP再開
  • せたがや11+の周知
  • 学区域の見直し

詳しくは以下のリンクからご覧ください。こちらは、世小Pからの許可を得て公開しております。

R4教育条件整備要望書

松沢小PTAでは、毎年7月上旬にアンケートを行っています。保護者の皆さまからのご要望やご意見を、教育委員会に伝えることのできる貴重な機会です。来年度もアンケートへのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー
学校探訪 深掘りPTA

感謝状をいただきました

2021年11月1日(月)全校朝会にて、感謝状贈呈式が行われました。放送室には朝の清らかな空気が漂います。そんな中、PTAの代表として書状を受け取る会長の姿を見届けてきました。

10月の臨時総会にて88%の有効回答数を得て、承認が過半数を超え、図書除菌機「リーバ」を松沢小学校に寄贈したことへの感謝状です。

会長から子どもたちに家の人に伝えてほしいというメッセージ、みなさまに届いたでしょうか?全文を掲載いたしますので、是非、お読みください。

会長よりメッセージ

「おはようございます、PTA会長の山口です。皆さんはPTAって聞いたことありますか?PTAは学校と、家庭と、地域の方々が協力して、皆さんの学校生活が豊かになるように活動しています。今日は私が代表してこのような賞状をいただいきましたが、実は皆さんのお父さんお母さんもPTAのメンバーの一人なんです。ですから、この賞状は、皆さんのお父さん、お母さんのものでもあります。そこで、一つお願いがあります。今日、おうちに帰ったら、おうちの方に学校からこんな素敵な賞状をもらっていたよ、と伝えて下さい。皆さんが、校長先生のように、一生大切に心に残るような本と出会えることを願って、私の挨拶を終わらせていただきます。ありがとうございました。」

感謝状はPTA室に飾りました。PTA室は施錠されており、なかなかPTA室を訪れることはないかと思いますので、松ピタHPの投稿記事内にも掲載します。

放送室から子どもたちの姿は見えなくても、教室から拍手の音が響いていました。

カテゴリー
深掘りPTA

ボランティアシールの紹介

10月4日(月)~7日(木)まで学校公開が開催されました。PTAでは、防犯パトロールの報告をしたことがある保護者の方にボランティアシール「パト松」を配布いたしました。防犯パトロールにご協力くださったみなさまありがとうございました。

報告フォームの感想欄に「うさ松シールが貼られた保護者証を見て、子どもが喜んでいました」と書いて下さった方がいらっしゃいました。

そうなんです!うさ松シールは子どもたちに大人気。シールをきっかけに、我が子との会話が弾むことでしょう。うさ松のボランティアシールは他にも種類がありますので、今日はすべてお見せします。

まずは、6月26日(土)に行われた体育学習発表会のボランティアシールです。

バトンを持って一生懸命に走るうさ松が描かれたシールは、まるで光り輝く金メダルのようですね。体育学習発表会では子どもたちの頑張る姿が見られましたが、舞台裏を支えてくれた保護者の方々も金メダル級の活躍でした。

体育学習発表会(または運動会)では、毎年、保護者の方に受付や誘導のお手伝いをお願いしています。来年度のボランティア募集をどうぞお楽しみに。

続いてご紹介するのは、PTAの役員や委員に就任するともらえる黄緑色のシールです。随時募集しているPTAの係や当番、地域の行事のお手伝いをして下さった方にもお渡ししています。

小道具を身につけたうさ松が、テレビ局で働くADさながら元気よく動き回っています。よく見ると、手には「PTA松」と書かれたフリップが。「PTA松」と書いて「ピタ松」と読むんですよ。だからこのシールは、通称「ピタ松シール」と呼ばれています。

来年度の役職選考も11月から始まります。役員委員としてのPTA活動へのご参加もよろしくお願いいたします。

そして最後を飾るのは、6月に結成された我らHPCことホームページクリエイターが付けているシールです。一緒に活動して下さる方も引き続き募集しています。松ピタHPの「イベント・ボランティア募集」ページからご応募お待ちしてます。

これまで見てきた3つのシールは、どれもうさ松デザインでしたが、こちらは松沢小学校のキャラクター4名(?)が大集合。レアバージョンということで「レア松」と呼ばれています。

レインボーカラーは、まさに多様な切り口でPTAの活動を発信しているHPCにぴったり。これからも、読者のみなさまに彩り豊かな記事をお届けできるよう頑張ります。

これらのシールを手にしましたら、ぜひ保護者証にお貼りください。集めても特典はありませんが、うさ松でいっぱいになった保護者証は、松沢小の子どもたちから羨望の眼差しを向けられること間違いなしです。楽しくボランティアに参加しながら、皆さんもコンプリートを目指してみませんか?

カテゴリー
深掘りPTA

パト松シール配布場所のご案内

最近、こんな風にシールを保護者証に貼っている人を見かけませんか?これは、2021年5月から配布が開始されたボランティア参加シールです。

学校ボランティアやPTA活動にご参加いただいた方を対象に、PTAが配布しています。イベント時のボランティアメンバーを把握しやすくするための取り組みでもあります。

シールは全部で4種類。どのようなお手伝いをするかによって、シールの絵柄が変わってきます。10月4日(月)~7日(木)まで開催される学校公開中は、「パト松シール」をゲットするチャンスです!

「パト松」が防犯カードを首から下げてパトロールしている姿がシールには描かれています。澄みわたる空のような色は、地域の安全に貢献したあとに感じる清々しさを表しているかのようです。

一度でもQRコードから防犯パトロールの報告をしたことがある保護者の方は、シールを1枚取って保護者証にお貼りください。

配布場所は事務室前の壁です
保護者証に貼ってください

まだパトロール報告をしたことはないけれど、シールが欲しいというあなた!どうぞ1枚お持ちください。代わりに帰り道ではパトロールカードを首から下げたままにして、ご帰宅後にぜひ安全状況のご報告をお願いします。

シールの配布は年度内に1回限りとしてますが、ご報告の回数に制限はございません。用事のついでに、いつでも気軽にパトロール!

(※防犯パトロールの参加方法は、こちらをご覧ください)